shi 40429.psdshi 40429.psd

Goods

DSC_2842.JPGDSC_2842.JPG

Space

143.jpg143.jpg

Art

DSC_0154.JPGDSC_0154.JPG

Exhibition



milano-isaline-skintex.png





life with your ideals

We have been pursuing the meaning of communication between products and people’s life from the designer’s point of view. We found the answer, SKINTEX . The concept is“the second skin”which changes shape like human skin.

コミュニケーションを見直すものづくり。たどり着いたのは第2の皮膚というコンセプト。




ブース2-04.psd



What is SKINTEX?

SKINTEX fabric contains LYCRA® fiber. The elastic fiber is widely used for apparel materials, but we re-purpose the materials for furniture use and other industrial designs.

従来、アパレル用途に使用されてきた優れた伸縮性をもつ「ライクラ ® ファイバー」を家具やバッグ、 ステーショナリーなど新しい分野で応用。東レ•オペロンテックス社の協力のもと生まれた新しいオリジナルブランドです。




SKINTEX002.png




ライクラ®ファイバー

LYCRA® fiber is a man-made spandex fiber as thin and transparent as a spider web that offers superior stretch and recovery properties. It can be stretched four to seven times its initial length before springing back to its original length once tension is released.

SKINTEX の中枢部であるファブリックは東レ・オペロンテックス製のライクラ ® ファイバーを使用しております。 ライクラ ® ファイバーは、クモの糸のように細く、透明で、引っ張ると元の長さの4~7倍にまで伸び、力を緩めれ ばまたすぐに元に戻るという、優れた伸長回復力をもつポリウレタン合成繊維です。




SKINTEX001.png




Made in Japan

SKINTEX products are made one by one. It is made by Japanese manufacturing technology.

世界に誇れるものづくりは日本から。スキンテックスは日本の様々な技術により生まれた、ひとつひとつ手作りの商品です。 日本のものづくりの次のステップを提案します。





SKINTEX-Fabric-01.png





Designed by

Coelacanth Restaurant.LLC  CEO & Designer : Shinya Kobayashi / 小林 新也


shi 40623.psd



Shinya Kobayashi was born in 1987. He graduated from Osaka University of Arts. When he was a university student, he majored in product design. Besides university, he engaged in various programs aiming for revitalization of Japanese local communities through his design. He studied under Toshiyuki Kita, one of Japan’s top industrial designers. The start of SKINTEX was in Milano Salone Satellite 2009. He displayed“Silhuette Sofa”at that time. In March 2011, He founded a design office,“Coelacanth restaurant LLC”. He thinks that industry and craftsmanship technologies should be handed down for posterity, and believes that this is possible by using the power of design.


1987 年 兵庫県小野市生まれ。大阪芸術大学デザイン学科卒業。大学ではプロダクトデザインを専攻。 産学連携や研究会にも積極的に取り組み、学外では島根県を主とした地域活性化に独自のデザイン手法を 応用して取り組んできた。デザイナー喜多俊之氏に師事し、2009 年には現在の「SKINTEX」の原型にあたる シルエットソファをイタリアのミラノサローネ・サテリテで発表。2011 年3月 28 日にデザイン研究所である「合同会社シーラカンス食堂」を設立。古くから地域に根付いた産業や身近なものづくりを次の世代に繋いで いきたいという想いのもと、様々な地域でブランディングを大切にしたデザイン活動を行っている。 また同時期に、日本の繊維技術の新たな提案としてオリジナルブランド「SKINTEX」を正式に立ち上げ、「第 2 の皮膚」という新しいものづくりのコンセプトをもとに、製品や空間のデザインを研究している。







SKINTEX商品の総合カタログはこちら
LinkIconSKINTEX-goods